当ウェブサイトをご利用いただくことで、当社の利用規約およびプライバシーポリシーに同意したものとします。ご予約の際には、あらかじめ予約時の注意事項をよくお読みください。

スクート&タイガーエア1がひとつに!

2017年7月25日、スクートとタイガーエア1は合併します。

この度、2017年7月25日、スクートはタイガーエア1と合併し、スクートブランドに統一致します。

この合併により、スクートとタイガーエア1は、予約システム、フライトスケジュールと接続、運送約款、チェックインカウンター、コールセンターもスクートに統一されます。スクートの2レターコード「TZ」は「TR」へと変更になります。 この度の合併は、両社の長期的な成長戦略の一環であり、拡大されたネットワークでさらに多くのお客様にご利用いただけると幸いです。

合併と、お客様への影響についてご説明する簡単なビデオをご用意しました。 その他の詳細については、プレスリリースやFAQでもご覧いただけます。

1 タイガーエア1・シンガポール

スクートとTigerairの合併に関するよくある質問


合併により、私の搭乗するTigerair運航便にはどのような影響がありますか?
ブランド名(Tigerair)がスクートに変わります。 フライトスケジュール(出発/到着日時)に変更はなく、お客様の搭乗便は予定どおりに出発します。

合併により、私の搭乗するスクート運航便にはどのような影響がありますか?
スクート運航便のフライトスケジュール(出発/到着日時)に変更はなく、お客様の搭乗便は予定どおり出発しますが、2レターコードはTZではなくTRになります。たとえば、シンガポール発香港着のTZ2062便をご予約いただいた場合は、新しい2レターコードはTR2062になります。

予約条件は変更されますか?
運送約款は新しい会社情報を反映して更新されますが、 運賃規則や予約条件を含め、約款自体にはその他の点で一切変更はありません。 つまり、従来どおりです。

新しいフライト情報は通知されますか?
はい。 2017年7月25日以降のスクート運航便をご利用の場合は、スクートの2レターコードの変更をメールでお知らせします。 通知は、2017年6月16日から、直接またはお客様がご予約された旅行代理店を通じて(ご予約時にご提供いただいた連絡先情報に応じて)順次送信されます。 2017年7月23日までに通知メールを受信されていない場合は、コールセンターまでお問い合わせください。、

私はまだタイガーエア1ブランドが記載された旅程表を持っています。 これはまだ有効ですか?
タイガーエア1ブランドの記載された古い旅程表も予約の証拠としてお使いいただけます。また、チェックイン時にも受け付けています。 なお、[予約の確認・変更]ポータル(FlyScoot.com)から最新の旅程表を入手して、ご出発の24時間前までに最新の情報をご確認いただけますようお願いいたします。

2017年7月25日までのフライトチェックイン
該当するスクートまたはタイガーエア1のカウンターで、通常どおりチェックインしてください。 スクートとタイガーエア1両方のフライトについて、FlyScoot.comで、対象となるお客様やフライトのWebチェックインを行うこともできます。

2017年7月25日以降のフライトチェックイン
空港で、スクートチェックインカウンターをお探しください。 シンガポールチャンギ空港では、ターミナル2の10番、11番、12番の列にScootカウンターが設置されています。 対象となるお客様とフライトについては、FlyScoot.comでWebチェックインを行うことができます。

予約の変更
予約を変更する必要があるとき、運賃規則で許可されている場合は、[予約の確認・変更]ポータル(FlyScoot.com)にアクセスしてください。なお、ポータルはスクート運航便とタイガーエア1運航便の両方を管理できるよう機能が拡張されました。 2017年7月25日から、Tigerair.comウェブサイトはご利用いただけなくなります。 サポートにつきましては、統合コールセンターまでお問い合わせください。

利用可能な機種(保有機材)を教えてください。
合併により、スクートはボーイング787ドリームライナー(既存のスクート保有機材)とエアバス320(タイガーエア1保有機材はスクート仕様のカラーリングに再塗装されます)の2機種を運航します。 当社のネットワークでは両方の機種が就航する場合がありますので、ボーイング787ドリームライナーまたはエアバスのいずれかをご希望の場合は、必ず機種をご確認の上フライトを選択してください。

予約時またはフライト選択時に、運航機材の情報が[運航会社]セクションに表示されます。

  • エアバス機については、A320またはA319のいずれかが表示されます(再塗装は順次行われますので、再塗装が完了するまでは一部タイガーエア1の機体をご利用いただく場合がございます)
  • ボーイング787ドリームライナー機については、B787-9またはB787-8、787ドリームライナーのロゴが表示されます。